twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2015年2月8日 - 2015年2月14日 | トップページ | 2015年2月22日 - 2015年2月28日 »

2月 21, 2015

「アメリカン・スナイパー」(90点)クリント・イーストウッド監督

空虚を描いたきわめて内容豊かな映画

イラク戦争で英雄的な戦果をあげたスナイパー、クリス・カイルの姿を描きながら、戦場へ舞い戻る程に心の空虚さを増していく一人の帰還兵の苦悩を観客に突きつけてくる恐るべきドラマ。
テキサスでカウボーイをしていた男が、ふと見たテレビのニュースで国のために役立ちたい、国を守りたいと発起し海兵隊最強のシールズに入る。部隊を見守り様々な脅威を排除する狙撃手となったクリスは「伝説」と呼ばれるまでに至る戦果を挙げるのだが、同じ米国人を、部隊を護るため、彼の呼ぶ「蛮人」を射つべく出征を繰り返すたび、愛する家族との溝は深まり、平和な世界の中での居場所をなくしていく…。
幼少の時期から「お前は羊を護る番犬となれ」と育てられたカイルは、そのアイデンティティを揺らすことなく「国とシールズを守るために戦っている」と自分の口では言っている。しかしブラッドリー・クーパーの演技と映画の演出は、明らかに全く異なる物語を同時に語っている。それが明瞭に分かるのが負傷した仲間を病院に見舞うシーン。
「お前の仇を討ってやる」「そんなことはいいんだ」「いや、討ってやる」「わかったよ、『伝説』…」
この時クリスの目は、実際には目前で傷つき横たわった仲間の上に焦点が結ばれているようにみえない。彼は口では仇を討つと言いながらも、本当は別のものを追って戦っているのではないだろうか?それでは彼が視線の向こうに今見ているものは何なのだろう?その後ある区切りを経て、銃弾の飛び交う中で彼は退役を決意する。それはただ、彼の戦いが戦場で出会ってしまった恐怖と虚しさへのけりをつけようとする試みでしかなかった事の現れだったのではないか。そして自ら置いていたターゲットを討ち果たした時に彼に達成感がみられないのは、ただそれが「これでやめられる」という思いしかもたらさない虚しい区切りであったからではないだろうか。
やがて帰国し、心を戦場に奪われた彼を診た分析医の問いに、彼はなおも「俺が蛮人たちを撃った理由を、俺は神の前で説明することができる」と決然と述べるのだが、その瞳の虚ろさはこの映画が語る真の物語の所在を指し示している。戦争が生み出す空虚は、敵も味方も、あらゆるものを飲み込んでいくのだ。
ところでこの映画が表層的にはザルカーウィーと彼の率いる「イスラム国」の前身となった組織を追跡するストーリーであるが故に、この空虚さとの直面は我々日本の観客にとっても無縁のことではない。既にして無明としか言いようのない残虐な行為を行っているテロリストたちの描写にどう向き合えば良いのかという問いを通して、この増大する空虚に対して我々は何ができるのか、何をすべきなのかと考えざるを得ないのだ。最後に慎ましやかに添えられるクリス・カイルのエピソードは、それがただ事実であるがゆえにひたすら重く、限りなく虚しくもある。今この同時代ゆえにこそ見ておくべき一本。

« 2015年2月8日 - 2015年2月14日 | トップページ | 2015年2月22日 - 2015年2月28日 »