twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 「戦場にかける橋」(92点)デビッド・リーン監督 | トップページ | 「愛して飲んで歌って」(82点)アラン・レネ監督 »

4月 20, 2015

「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」(88点)モルテン・ティルドゥム監督

「機密」と「秘密」の入れ子の狭間で揺れ動くドラマ。

絶対に解読できないナチスのエニグマ暗号を破るため、秘密暗号所に集められた6人のクロスワード・パズル愛好家、彼らは暗号解読機を完成させ、戦争を勝利に導くことができるのか…!? というような話として読むことも可能なストーリーではあるのだが、この映画が描こうとするのはそうした表層的な英雄物語の一段底流を流れる、もっとほの暗く本質的な歴史の非情である。 
20世紀におけるもっとも重要な産業上の進歩を実現した「天才」チューリング博士は、彼自身を絶対的に孤独に囲うことになる「秘密」を抱いている。彼が取り組む暗号解読の任務はそれ自体が重大な「軍事機密」であるため、彼と彼のチームの巨大な業績は決して表舞台で語られることはなく、チームは軍事機密なるがゆえの非情さに苦しむことになるのだが、機密とそのもたらす苦難を共有するチームの中にあってさえも、彼個人は自身の「秘密」によりさらに一段と孤独に苦しむことになる。「軍事機密」の中にさらに個人的な「秘密」が入れ子になったこの構造の中のチューリング博士の苦悩を、時代のずっと下った現在…「軍事機密」も彼の個人的な「秘密」もある程度解放された価値観の現在の社会にいる私たち観客は俯瞰的に見ることができるのだが、その視点から見ているが故にこの歴史の皮肉さに言葉もなく、ただ圧倒される他ないのであった。
ベネディクト・カンバーバッチはじめ役者陣はいずれも素晴らしく、個人的にはマーク・ストロングが、味方とも敵ともつかぬ実にいい役どころで味わい深かった。アレクサンドル・デスプラの劇伴音楽も素晴らしい。

« 「戦場にかける橋」(92点)デビッド・リーン監督 | トップページ | 「愛して飲んで歌って」(82点)アラン・レネ監督 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

私もマーク・ストロングが素敵〜!と思いました。(言葉が軽くてすみません(^^;)

あの、半ば怪しげな空気がいい味出してましたね〜。「キックアス」とか「シャーロック・ホームズ」でコミック的悪役やってる印象が強かったので、ギャップ含みで実に印象的でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2930/61535874

この記事へのトラックバック一覧です: 「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」(88点)モルテン・ティルドゥム監督:

« 「戦場にかける橋」(92点)デビッド・リーン監督 | トップページ | 「愛して飲んで歌って」(82点)アラン・レネ監督 »