twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2012年12月30日 - 2013年1月5日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

2月 02, 2013

2013年1月の読書

電子書籍内訳とかも集計できないものか。悪の教典と進撃の巨人、仮面ライダーはすべてKindle版。

2013年1月の読書メーター
読んだ本の数:19冊
読んだページ数:5841ページ
ナイス数:11ナイス

保科正之 ~民を救った天下の副将軍 (歴史新書)保科正之 ~民を救った天下の副将軍 (歴史新書)感想
会津藩の祖、土津公にして徳川時代の平和を創出した稀代の名政治家・保科正之の読みやすい評伝。“百姓は生かさず殺さず”という冷酷な武家統治者の時代にありながら、平民の長命を奨励する公的年金制度や飢饉に備えたセーフティネットを創出し、人智をこえた災害に際しても揺るぐことなく民衆の救済を念頭に毅然とした判断を下す名君の姿がいきいきと描かれる。著者の「上杉鷹山など保科正之に比べれば大したことない」的スタンスは若干ひいき目が過ぎる感もあるが、世に知られた名将名君に比べあまりに知られていない事を思えば仕方ないかも。
読了日:1月30日 著者:中村 彰彦
新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)新装版 王城の護衛者 (講談社文庫)感想
「峠」とはまた違った評価軸にもとづく河井継之助を描いた短編「英雄児」を読もうと手に取った作品集だが、めあての「英雄児」は薄味で、自らの才と武威におごり地域を滅ぼした迷惑な「竜」という描き方。じっさい、河井継之助についてはそういう見方もあり得るとは思うのだが・・・(半藤一利とかはそういう立場みたい)。それより、松平容保と孝明帝の交流を描いた表題作や、岩倉具視のブレーンとなった怪人物を描く「加茂の水」が歴史こぼれ話的妙味があり味わい深い。
読了日:1月29日 著者:司馬 遼太郎
峠 (下巻) (新潮文庫)峠 (下巻) (新潮文庫)感想
ついに北越戦争に到る下巻。武装中立論をもって官軍と交渉する継之助は小人・岩村高俊の拒否により、戦端を開く。石原莞爾さえもがその作戦を研究したという八町沖渡河作戦など優れた軍略で山県有朋率いる薩長軍を撃破しながらも、物量の差で敗れ長岡城下は灰燼と化してしまう…。長岡を日本のスイスにしようとした継之助の武装中立論は、長岡藩の力を過大に見込み武士的美学に藩を道連れにする誇大妄想だったかもしれない。が、彼一人の構想力と行動力は驚くべきもので、仮に大藩の指導者であれば歴史はどう転んだかと空想させるに足るものがある。
読了日:1月27日 著者:司馬 遼太郎
峠 (中巻) (新潮文庫)峠 (中巻) (新潮文庫)感想
中巻の時代は継之助の家老就任から鳥羽伏見の戦い、官軍東征まで。幕府方がほぼ引き揚げた後の京に長岡藩だけで乗り込むくだり、江戸での福沢諭吉との対面など見どころ満載。
読了日:1月26日 著者:司馬 遼太郎
峠 (上巻) (新潮文庫)峠 (上巻) (新潮文庫)感想
この1月に会津に旅行し、会津戦の歴史などに触れた後、がぜん興味が湧いたのは佐幕派として会津藩とともに戦った越後長岡藩と家老・河井継之助のことである。幕末の混乱の中で藩軍制の近代化(ガトリング砲まで装備!)を梃子に長岡の武装独立を狙ったこの異能の天才のことを新潟県民ながらほとんど知らない不明を恥じつつ手に取った一冊。上巻では大塩平八郎と同じ陽明学の徒として、実践を尊び、遊女遊びに到るまで己の行動原則に則ろうとする奇人的青年時代から、やがて藩に重く用いられるまでを描く。キャラ描写の巻ではあるがとても面白い。
読了日:1月22日 著者:司馬 遼太郎
仮面ライダーSPIRITS(3): 3 (マガジンZコミックス)仮面ライダーSPIRITS(3): 3 (マガジンZコミックス)感想
スーパー1かっちょ良すぎ!泣けた。
読了日:1月8日 著者:石ノ森 章太郎,村枝 賢一
海月姫(1): 1 (講談社コミックスキス)海月姫(1): 1 (講談社コミックスキス)
読了日:1月7日 著者:東村 アキコ
徹底検証 韓国論の通説・俗説 日韓対立の感情vs.論理 (中公新書ラクレ)徹底検証 韓国論の通説・俗説 日韓対立の感情vs.論理 (中公新書ラクレ)感想
李明博の竹島上陸・天皇謝罪発言以降の日韓関係のパースペクティブを、いずれかの立場におもねることなく冷静に整理した本。短い論説と鼎談で構成され読みやすいし、「国民感情」の現れ方の文化的レイヤーにおける日韓の差異を議論の出発点に置いたうえで、外交交渉上の立場を勘案しながら客観的にみようとする本は意外と少ないのではないかと思う。これぞというレシピが示されるわけではないが、2012年以降の日韓関係について目にした中で最も納得性が高い議論だった。
読了日:1月7日 著者:浅羽 祐樹,木村 幹,佐藤 大介
仮面ライダーSPIRITS(2): 2 (マガジンZKC (0073))仮面ライダーSPIRITS(2): 2 (マガジンZKC (0073))
読了日:1月6日 著者:石ノ森 章太郎,村枝 賢一
第四の壁 アナザーフェイス3: 3第四の壁 アナザーフェイス3: 3感想
まあこんなものであろう。
読了日:1月6日 著者:堂場 瞬一
仮面ライダーSPIRITS(1): 1 (マガジンZKC (0054))仮面ライダーSPIRITS(1): 1 (マガジンZKC (0054))
読了日:1月4日 著者:石ノ森 章太郎,村枝 賢一
進撃の巨人(2): 2 (講談社コミックス)進撃の巨人(2): 2 (講談社コミックス)
読了日:1月4日 著者:諫山 創
進撃の巨人(7): 7 (講談社コミックス)進撃の巨人(7): 7 (講談社コミックス)
読了日:1月2日 著者:諫山 創
進撃の巨人(6): 6 (講談社コミックス)進撃の巨人(6): 6 (講談社コミックス)
読了日:1月2日 著者:諫山 創
進撃の巨人(5): 5 (講談社コミックス)進撃の巨人(5): 5 (講談社コミックス)
読了日:1月2日 著者:諫山 創
進撃の巨人(4): 4 (講談社コミックス)進撃の巨人(4): 4 (講談社コミックス)
読了日:1月2日 著者:諫山 創
進撃の巨人(3): 3 (講談社コミックス)進撃の巨人(3): 3 (講談社コミックス)
読了日:1月2日 著者:諫山 創
悪の教典(下)悪の教典(下)
読了日:1月1日 著者:貴志 祐介
悪の教典(上)悪の教典(上)
読了日:1月1日 著者:貴志 祐介

読書メーター

« 2012年12月30日 - 2013年1月5日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »