twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »

1月 02, 2012

2011年12月の読書

さして読めていないが、状況を考えれば社会人としては順当なところなのかも。西原VS南Q太の画力対決マッチメイクはないのだろうか。見たい。対ヤマザキマリ戦級の意気投合が見れる気がする。あと「アンナ・カレーニナ」、何も上巻の感想かいてないけど、相当面白かったよ。

12月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:2328ページ
ナイス数:10ナイス

小澤征爾さんと、音楽について話をする小澤征爾さんと、音楽について話をする
読了日:12月25日 著者:小澤 征爾,村上 春樹

西原理恵子の人生画力対決 4 (コミックス単行本)西原理恵子の人生画力対決 4 (コミックス単行本)
読了日:12月23日 著者:西原 理恵子

ひらけ駒!(4) (モーニング KC)ひらけ駒!(4) (モーニング KC)
読了日:12月23日 著者:南 Q太

安全な妄想安全な妄想
馬鹿げた話やどうでもよいコダワリばかりがひたすら綴られており、大変に安心効果の高い人生のエアポケット的エッセイ集。こう言ったら乱暴なまとめ過ぎるだろうとは重々に分かっていながらも、われらの時代の北杜夫的な絶妙の位置を占めていると思う。どくとるマンボウシリーズに波長が合う人には絶対におすすめできる一冊。
読了日:12月21日 著者:長嶋有

アンナ・カレーニナ (上巻) (新潮文庫)アンナ・カレーニナ (上巻) (新潮文庫)
読了日:12月17日 著者:トルストイ

ひらけ駒!(3) (モーニングKC)ひらけ駒!(3) (モーニングKC)
読了日:12月11日 著者:南 Q太

西原理恵子の人生画力対決 3 (コミックス単行本)西原理恵子の人生画力対決 3 (コミックス単行本)
読了日:12月11日 著者:西原 理恵子

高熱隧道 (新潮文庫)高熱隧道 (新潮文庫)
読了日:12月09日 著者:吉村 昭

羊の木(1) (イブニングKC)羊の木(1) (イブニングKC)
読了日:12月06日 著者:いがらし みきお


西原理恵子の人生画力対決 2 (コミックス単行本)西原理恵子の人生画力対決 2 (コミックス単行本)
読了日:12月06日 著者:西原 理恵子

諸怪志異 第三集 燕見鬼編 (コミック叢書SIGNAL)諸怪志異 第三集 燕見鬼編 (コミック叢書SIGNAL)
読了日:12月05日 著者:諸星大二郎

切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話切りとれ、あの祈る手を---〈本〉と〈革命〉をめぐる五つの夜話
思想家、佐々木中による「読むこと」の困難さ、革命性を説くロングインタビュー。ここでいう革命は政治的な意味での暴力革命、経済構造に関わる産業革命とは異なる。ルターの宗教革命、ローマ法の発見などがもたらした中世解釈者革命(初めて知った)に言及されるように、神の言葉や失われた社会システムの遺産を「読んでしまった」人々の書き綴った行為、それら綴られた「文学」が起こした思想の革新を指す。困難の件から語り起こされるにも関わらず、最後には感動さえ覚える書。読んだ日に見た映画「恋の罪」とテーマが似てて符合にびっくり。
読了日:12月03日 著者:佐々木 中

闇金ウシジマくん 23 (ビッグ コミックス)闇金ウシジマくん 23 (ビッグ コミックス)
読了日:12月02日 著者:真鍋 昌平

2011年12月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

1月 01, 2012

2011年映画ベスト10(コメントリンク付)

BEST10自体はFacebookとかにも既に上げてはいるのだが、DVD鑑賞作の補足と各作品コメントへのリンクを補足してBlog1に再掲出。

BEST1 ヒア アフター 監督:クリント・イーストウッド
BEST2 エリックを探して 監督:ケン・ローチ
BEST3 ソーシャル・ネットワーク 監督:デヴィッド・フィンチャー
BEST4 恋の罪 監督:園子温
BEST5 ゴーストライター 監督:ロマン・ポランスキー
BEST6 猿の惑星:創世記(ジェネシス) 監督:ルパート・ワイアット
BEST7 塔の上のラプンツェル 監督:ネイサン・グレノ
BEST8 ブルーバレンタイン 監督:デレク・シアンフランス
BEST9 コンテイジョン 監督:スティーヴン・ソダーバーグ
BEST10 スプライス 監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ

WORST ラビット・ホラー3D 監督:清水崇

新作を40本も見れてないので10本も挙げるのは乱暴なのだが、とてもとても印象に残った映画を選んだら10本にはなったので公開。順位は深い意味はないと思って頂ければ。

「ヒアアフター」は、3.11後に見た人と私のように以前に見た人とで評価がまったく2分される映画である。ただ個人的には津波という災害がどう扱われているかということよりも、「世間一般に認可された思想・人生観を持っていない」人々が生きていくことへの讃歌と捉えているので、極めて個人的に愛すべき、同調できる映画であったと思う。
「エリックを探して」は実際のところ2010年から公開している映画なのだが、年間BEST1級の大傑作なのに去年のBESTに入れられなかったのでここに入れた。「ソーシャル・ネットワーク」以下は世評も高く私が敢えてどうのこうの述べる必要もないかと。10位の「スプライス」は、一本くらい過剰でゴアな映画入れようと思ったが、「冷たい熱帯魚」とどっち入れるか迷ったものの、やはり異常なのはこちらかなと思い入れた。「CUBE」の監督がこんなエクストリームな映画を撮ったとは!ひき笑いの止まらない一本であり、正月休みに悪趣味な映画見たい方には一番のおすすめ。

以下、2011年に視聴した映画一覧。

<2010年公開映画>
SPACE BATTLESHIP ヤマト 監督:山崎貴
クリスマス・ストーリー 監督:アルノー・デプレシャン
エリックを探して 監督:ケン・ローチ

<2011年公開映画>
アジャストメント 監督:ジョージ・ノルフィ
アンストッパブル 監督:トニー・スコット
スプライス 監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
ソーシャル・ネットワーク 監督:デヴィッド・フィンチャー
デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~ 監督:トッド・
フィリップス
冷たい熱帯魚 監督:園子温
ウォール・ストリート 監督:オリヴァー・ストーン
ヒア アフター 監督:クリント・イーストウッド
戦火の中へ 監督:イ・ジェハン
英国王のスピーチ 監督:トム・フーパー
悪魔を見た 監督:キム・ジウン
塔の上のラプンツェル 監督:ネイサン・グレノ
ザ・ファイター 監督:デヴィッド・O・ラッセル
劇場版 神聖かまってちゃん/ロックンロールは鳴り止まないっ 監督:入江悠
ドライブ 監督: ヤン・スヴィエラーク
ブルーバレンタイン 監督:デレク・シアンフランス
ブラック・スワン 監督:ダーレン・アロノフスキー
マイ・バック・ページ 監督:山下敦弘
SUPER 8/スーパーエイト 監督:J・J・エイブラムス
ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える 監督:トッド・フィリップス
カーズ2 監督:ジョン・ラセター
エッセンシャル・キリング 監督:イエジー・スコリモフスキ
七つまでは神のうち 監督:三宅隆太
ゴーストライター 監督:ロマン・ポランスキー
ピラニア3D 監督:アレクサンドル・アジャ
監督失格 監督:平野勝之
アジョシ 監督:イ・ジョンボム
ラビット・ホラー3D 監督:清水崇
レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳 監督:アンドリュー・ラウ
glee/グリー ザ・コンサート 3Dムービー 監督:ケヴィン・タンチャローエン
とある飛空士への追憶 監督:宍戸淳
猿の惑星:創世記(ジェネシス) 監督:ルパート・ワイアット
一命 監督:三池崇史
ウィンターズ・ボーン 監督:デブラ・グラニック
恋の罪 監督:園子温
コンテイジョン 監督:スティーヴン・ソダーバーグ
灼熱の魂 監督:ドニ・ヴィルヌーヴ

<旧作>
半落ち 監督:佐々部清
オーケストラ! 監督:ラデュ・ミヘイレアニュ
御用牙 監督:三隅研次
パンダコパンダ 監督:高畑勲
パンダコパンダ 雨ふりサーカス 監督:高畑勲
陰獣 監督:バーベット・シュローダー
ブッシュ 監督:オリヴァー・ストーン
スイミング・プール 監督:フランソワ・オゾン
PERFECT BLUE 監督:今敏
ビフォア・サンライズ 恋人までの距離 監督:リチャード・リンクレイター
トロピック・サンダー 史上最低の作戦 監督:ベン・スティラー
ロッキー 監督:ジョン・G・アビルドセン
バーン・アフター・リーディング 監督:ジョエル&イーサン・コーエン
サブウェイ・パニック 監督:ジョセフ・サージェント

« 2011年11月27日 - 2011年12月3日 | トップページ | 2012年1月29日 - 2012年2月4日 »