twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年6月12日 - 2011年6月18日 »

5月 29, 2011

「ブラック・スワン」(★★★★)と「パーフェクトブルー」(★★★★☆)見た

ユナイテッドシネマ豊洲でダーレン・アロノフスキー監督「ブラック・スワン」見て、かなり面白かったのでその流れでVODで今敏監督「パーフェクトブルー」も見てみた。


ブラック・スワン予告編

言わずと知れた話題のハリウッド映画と、その参照元とされる97年のアニメ。いずれも傑作なのだが、今敏の方が現実/幻想のシャッフル度が徹底していて、作家性が強いなと思った。単純に自分的にどっちが面白かったかというと「パーフェクトブルー」の方かな。リアルに描写された街の中に浮遊感たっぷりの少女が飛び回るシーンなど、アニメならではのアイデアが生かされた映像表現に刮目させられる。「ブラック・スワン」は確かにパーフェクトブルーの引用箇所も多いのだが、生綿で絞めるようにニジニジとキャラクターを追い詰めていくアロノフスキー的心理描写の果てのクライマックスが、バレエ音楽の高揚に重ね合わされて何倍もエモーショナルに爆発するラストに感動する。真相の闇の中感も意外とハリウッド映画である「ブラック・スワン」の方が強い。あと何と言っても全体的にセックスへの強迫観念の色が強く、繰り返し繰り返し登場する出血のイメージは初潮や処女喪失の象徴と理解すれば良いのだろうけど、肌感覚的に女性にとってメンスとはあんなような得体の知れなさがあるのかどうかは不詳。
まあどっちが比較して面白いとか言ってもしょうがなく、どっちも素晴らしいので両方見るのが楽しいと思う。

« 2011年5月1日 - 2011年5月7日 | トップページ | 2011年6月12日 - 2011年6月18日 »