twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »

5月 05, 2007

ラ・フォル・ジュルネに来た

ラ・フォル・ジュルネに来た
五日になってようやく東京に戻ってこれたので参上できたラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭
夜のベレゾフスキーと、プラハ・ガルネリ・トリオによるドヴォルザークを聴く予定。
やっと来れたよ〜ッ!って思ってたら地上のミュージックキオスクでムジカーシュが演奏しており丁度終わるとこだった!惜しい。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークスはルーマニアのバンドなのに対してムジカーシュはハンガリーの民俗音楽バンド。トニー・ガトリフ監督の素晴らしい映画「ガッジョ・ディーロ」にもインパクトの強い登場の仕方をしてるが、東欧音楽好きは彼らの「バルトーク・アルバム」をぜひ聴くべきだ。

バルトークが己を賭して行なった農民音楽採集の旅の記録である蝋管レコードの音源と、ムジカーシュによる再現演奏が交互に納められているが、バルトーク自身も耳を傾けていたであろう老農婦のうたを、最新の研究成果によりムジカーシュが再演していくのを聞けば、ハンガリー民族の音楽的DNAが引き継がれているのを感じ、感涙にむせばずにはいられない名盤。
ムジカーシュは明日の午前のチケットをとってるので明日また見えよう。

5月 01, 2007

「熱狂の日」六日だけ行くぞ

「熱狂の日」六日だけ行くぞ
「熱狂の日」六日だけ行くぞ
「熱狂の日」六日だけ行くぞ
法事のためあきらめモードだった今年の「熱狂の日」ラ・フォル・ジュルネ音楽祭だが、国際フォーラムに立寄って準備の風景とか見てたら「どうせ法事4日だし5日に帰京すりゃいい」ということで六日だけ聴きにくることに大決定。さっそく空席の残ってる中からムジカーシュの東欧民俗音楽コンサートと、ラーンキ他によるバルトーク「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」、シンフォニア・バルソビアによるシベリウス交響曲第一番の3公演をおさえた。
もっとゴリゴリに東欧音楽でまとめたかったがヤナーチェクとかドボルザークの弦四は売り切れてたり日が合わなかったので断念、かわりにシベリウスの中でも五番とならんで大好きな一番を入れた。いい曲っすよ。
三公演三枚で4,500円はそれにしても爆安。夜のプレイベントも楽しみ!タラフ・ドゥ・ハイドゥークスをビール飲みながら聴けるなんて相当贅沢だと思うぞ。リュクスですよリュクス(違う)

« 2007年4月22日 - 2007年4月28日 | トップページ | 2007年5月6日 - 2007年5月12日 »