twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »

9月 11, 2006

「グエムル 漢江の怪物」(★★★★)

ポン・ジュノ監督「グエムル 漢江の怪物」をユナイテッドシネマとしまえんで見た。

冒頭、どうも在韓米軍所属っぽいアメリカ人医師と韓国人の医者が下水にホルマリンを捨てるの捨てないの、というので議論している。アメリカ人はホルマリンの瓶にホコリがついてるのが我慢ならないのだ。(ホームドラマの姑か!?)
韓国人は「そんなことしたら漢江が汚れます」と抗弁するが、アメリカ人は「漢江は非常にでかい川だ。君も川のように気を大きくもち給え」とかちょっとうまいこと(?)言って部下の韓国人にホルマリンを洗い場の排水溝に流させ始める。
あーこれはジョン・セイルズが脚本書いた「アリゲーター」みたいな展開(トイレに捨てられたワニの赤ちゃんが、現代の汚染された排水の中で生活しているうちに突然変異で巨大化しモンスターになる)か・・・と思ってみてると、カメラは捨て終わったホルマリンの空き瓶にズームし、パンしていく。
捨て終わったホルマリンの空き瓶はズラーっと並んでいて、その列はいつまでも続く。いつまでもいつまでも・・・いつまでも・・・って一人で捨てすぎだろ!いったい何時間ドボドボやってんだコイツは!?

というジャブ的なギャグから開始されるこのモンスターパニック映画、ジャンル映画の枠組みをゆさぶりまくるポン・ジュノ監督のしなやかな感性が働き、一瞬すら油断できない刺激的な映画になっている。爆笑と極限的緊張がシャッフル的に襲い、モンスターパニックという考え方によっては最もジャンル原則に忠実であるべき映画ジャンルであるにも関わらず、規定どおりのルートを通ることを徹底的に拒む、非常に野心的な映画である。
それでいてモンスター映画のエクスタシーはばっちり押さえた映画に仕上がっているから実に心憎い一本といえる。ポン・ジュノ監督、うまい!そしてペ・ドゥナはかわいい!

(以下、たいした点ではないがネタバレあり)

続きを読む "「グエムル 漢江の怪物」(★★★★)" »

9月 10, 2006

正丸峠~伊豆ガ岳写真集

土曜は西武秩父線 正丸駅まで行って、「山の銀座通り」とまで言われる人気ハイキングコースである伊豆ガ岳に行ってきた。
しかし現地に到着してみるとあいにくの雨…。けぶりまくりの写真集になってしまいました(T_T)
撮る対象に迷い、一部「山まで来て、自分撮りかよ」的な写真も入っているがご寛恕ください。

スライドショー
 / 写真一覧



www.flickr.com








伊豆ガ岳 k-tanaka's 伊豆ガ岳 photoset



ホントは山頂を通過して子の権現まで到るルートをとろうと思ったのだが、山頂で最も雨が強くなってきてしまい、正丸峠~山頂~かめ岩で下山という短めのルートになった。残念。

« 2006年9月3日 - 2006年9月9日 | トップページ | 2006年9月17日 - 2006年9月23日 »