twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2005年4月10日 - 2005年4月16日 | トップページ | 2005年4月24日 - 2005年4月30日 »

4月 20, 2005

夕食blog

050420_dinner
メインは豚肉のみそ炒め。ちょっとオイスターソース入ってます。レタスに添えていただきました。
サブとしてめかぶとなめこ、キュウリを酢であえたもの等。
けっこう手軽にうまくできた(^^)。

最近たて続けに出ている「その他の雑酒(2)」、アサヒの「新生」を飲んでみた。意外とこれまでで一番飲めるかも?

日本テレビ(「キスイヤ」放送事故にはびっくりした)の「きょうの出来事」によれば、東京都が不快行為防止のための条例化を検討しているそうなんですが、まあ「たばこのポイ捨て」等はシンガポール級に鞭打ち刑にしても構わぬ行為であると考えるものの(私も喫煙者ですが)、「電車内での化粧」も含まれているのはよくわからん。なんか迷惑か?
「みっともない」という話であれば、そりゃ石原の趣味以外の何物でもないと言え、さらに言うならそれ以前に電車内でスポーツ新聞のエロ欄であるとか「特命欲望課長」読んでるオヤジを監獄に送り込むことを検討するがよかろう。

こんなムダな検討会を作るヒマがあるなら、少しでも通勤ラッシュを軽減できるように始業時間スライド化条例や在宅勤務奨励等を行い、朝っぱらから群集に押し潰される「不快」を解決することを考えてはどうだろうか。かなり支持率上がると思うぞ。

車内吊り評4/20

良識ある人士が眉根をひそめる低俗コピーは「週刊現代」の得意分野だが、そんな通俗を自負する「現代」の読者でさえもが赤面し、話題にするのをはばからずにおられないのが「週刊実話」・「週刊大衆」あたりの路線であり、私はけっこう露悪的に好きである(買わないけど)。

で4/20の実話の中吊りにいわく
「祝!中野美奈子がついに1位/エッチしたい女子アナ<新>番付」

って何が「祝」なのか(^^;)。祝われても大変に困ると思うぞ。

4月 19, 2005

ひきこもり刑事(デカ)

おもしろすぎます。

>ひきこもり刑事(デカ)トップ

# 第1話:ひきこもり刑事(デカ)登場

裁判所宛のメール文面が笑えるー!
お昼休みのひまつぶし等にどうぞ。

情報ネタ元:胃痛!ガスター店

4月 18, 2005

レバーのトマトケチャップ煮

050418_dinner
今夜は、賞味期限ギリで安かった鶏レバーをコンソメスープとケチャップで煮込んでみた。
ニンニクの芽とかタマネギも入っている。
うまーい。特になんていうんですかね、あの管ついたあたりの歯ごたえが良。
でももう少しレバーのくさみが抜けるともっとよかったかも。なんかに漬込むするのかな?

銀座オーガニックカフェ会議〜「阿修羅城の瞳」〜あっさりスープパスタ

Mちゃんとその親友との三人で銀座のファンケルビルに入っているオーガニックカフェ(?なのか?)「泥武士」でランチ会。
20代ラストともなると、男女とも恋愛に慎重になり、その結果、清純異性交遊ともいうべきステータスのまま話が進展しないという状況になりやすいのではないか、
などなど。
はっきりいって私も中学生レベルの異性交遊には自信ありますよ!_| ̄|○

でも色々話聞いてみると、武勇伝なお兄さんも世の中にはいっぱいいるみたいですが・・。頼もしいお話です。

三越で買物するMちゃんらと別れ、大江戸線で豊島園へ。
ユナイテッド・シネマとしまえんで、滝田洋二郎監督「阿修羅城の瞳」見る。
映画としてはひとくちにいってひどくつまらない以上のことを特に語る気力がおきないような代物だったが、市川染五郎はよかった。ってこのあたりも映画そのものはどうでもいいが野村萬斎はよかった「陰陽師」に通じるものがある。これが今の滝田洋二郎路線なのか?ってよく知らないが。
髪をおろした宮沢りえも非常にカワイイ。
050417_cinema
写真はユナイテッドのロビーに飾ってあった、染五郎の劇中使用衣裳。
寺田克也のイラストみたいなのがプリントしてある。もっと趣味のいいのを着てた気がするのだが、どこで着ていたものであろう。

予告編では、ついに本編映像を使用した「亡国のイージス」特報が登場!
音楽が何とトレヴァー・ジョーンズ。「13デイズ」とか「ザ・ラスト・オブ・モヒカン」等でスコアファンの間ではつとに著名な燃え系作曲家である。
「スチームボーイ」でのスティーブ・ジャブロンスキー起用や、ゲームだが「メタルギアソリッド」シリーズでのハリー・グレッグソン・ウイリアムズ起用など、ハンス・ジマー傘下MV(メディア・ヴェンチャーズ)作曲家を起用するケースが最近増えているけど、邦画にもスコアにお金をかける流れが出てきているのかも。
もっとも韓国映画なんかを見てると「シュリ」とか「シルミド」なんかは臆面もないMV系パクりながらそれなりにMVっぽく鳴らしてるのに比べ、日本ではそういうノリの音楽もときに散見されつつ非常に印象薄だったりするので、せっかくだから本家呼ぼうや、ということなのかもしれない。

逆に日本から洋画に進出しつつあるのが川井憲次だが、IMDBで調べたところ目下ポストプロダクション進行中
となっているツイ・ハークの新作Seven Swordsにクレジットされているみたい。
おお、ドニー・イェンも出るようではないですか。これは見たい。
大きい仕事やってるなー。


050417_dinner
もう一本なんか見ようかとも思ったのだが、帰宅して晩飯を作る。
アスパラとブロッコリー、豚肉とエリンギの入ったスープパスタ。
りいさんのおすすめに従ってガーリック入れてみました。大佐、美味であります!

ところで、上記川井憲次の最近の国際的活躍をチェックするべくIMDB見てる時に気になったのが、出会い系バナー広告。検索キーワードなのかアクセス端末のドメインを見てるのか良く分からないが、広告文に日本語を、ビジュアルに日本人女性を表示するような設定になっているみたい。
imdb

しかし、
imdb_up
あまり日本人に見えない・・・。

ハリウッド流ということでしょうか。

« 2005年4月10日 - 2005年4月16日 | トップページ | 2005年4月24日 - 2005年4月30日 »