twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2005年3月6日 - 2005年3月12日 | トップページ | 2005年3月20日 - 2005年3月26日 »

3月 19, 2005

ベルティーニ死去

既に色々なブログで話題になっていると思うが、指揮者ガリー・ベルティーニが亡くなった。
この人の音盤は別に持ってないのだけれど、私にとってはこれまでで唯一聞いたオペラの実演の指揮者であったので、ちょっとした感慨がある。
前回の記事以来全然続きを書いていない、学生時代のイタリア・フランス旅行の途上、パリのオペラ・バスティーユで彼の振るヴェルディ「マクベス」を観たのだった。
まあ何しろオペラの実演は初めてだしそれ以後も行って無いので(パリでは安かったけど、日本じゃ私には手の届かない値段ですから^^;)、比較のしようもないが、圧倒的に感激させてもらったのを覚えている。
享年77歳。合掌。

3月 18, 2005

「従姉ベット」再読始めました

「幻獣辞典」読了後、なんとなく世界文学ノリの中で次何読もうかな、と思っていたのだが、ぽちぽち「失時」を読みすすめつつも、ここはやはり原点回帰だろうと考えて本屋でバルザック「従姉ベット」を買った。
藤原書店のバルザック 人間喜劇セレクションは全巻そろえようと思っていたのだけど、月給減の折からなかなか全巻揃えに到らず、これが久しぶりの購入。あと残してるのは「ラブイユーズ」「従兄ポンス」と別巻「人間喜劇ハンドブック」かな。
何ページか繰ってみたけど、高校時代に読みふけった水野亮訳にくらべ、山田登世子訳はけっこう読みやすいと思う。この後が楽しみだ。

今日は意味があったのかどうなのかイマイチ良く分からない打ち合わせの後、自席に戻って電話をとってみると「ルータ買ったんだけど設定のしかたが分からない」というご老年のお客さんからのもので、しばしテクニカルサポート。
話してる間、「うにゃあ〜」という声と「これこれ、あっち行きなさい」という声が電話口の向こうからしきりに聞こえるので
「猫ちゃんですか?」
と聞いてみたら
「いやあ、孫がね」
という御返答(^^)
押してみたり引いてみたりのビギナーさん相手サポートの中で、しばし心暖まる時間なのでした。

仕事を切り上げて聖パトリックデー(アイリッシュの守護聖人)にちなみギネスを飲もう!としんさんと新宿で待ち合わせ。
ダブリナーズパブに繰り出すも、ラッシュ時の埼京線のごとくモロ混みの店内にヒヨり、結局歌舞伎町の上海小吃へ。
夜半近くにりいさんも加わり、飲んだくれな夜がふけていったのでした。

3月 16, 2005

THE JUON

050316_dinner

ってタイトルつけてるのに自炊画像貼る奴。
豆苗を使った料理をなにかやってみようとスーパーで買ったときは思っていたのに帰ってみるとめんどくさくなってただの野菜炒めにブチ込んだだけにしてしまい、あとはもずく&なめこでビールを飲んだ。

公開がまもなく終わってしまうため、新宿シネマミラノで清水崇監督「呪怨 / THE JUON」見る。
「呪怨」シリーズはオリジナルビデオ2作の時から見てるので、もう毒食わば皿まで。
基本的には同じストーリーが繰り返されるシリーズなのだが、今回は原則的には劇場版第一作目のリメークだった。
「リング」シリーズにおける貞子にあたるモンスター、伽椰子(こんな字だったか)は同じ役者さんが演じているようだし、メインに座っている役者は変わらない。ようは外人が呪いの連鎖に接触しても同じことが起こるよーん、ということのようだ。コウェー。

もう何度も同じ家が出てくるので、シリーズのファンはもう呪いの家の間取り図が頭の中で描けるようになっているはずだが、ちょっと今回の建物はリミックスしているような気がする。あと何年かこのシリーズの人気が続くようだと、どっかのアミューズメント施設に「呪怨の家」ができちゃうかもしれない。
絶対に足を踏み入れてはいけない場所はあきらかに天井裏であろうが、なにげに一番効果的なのはおそらく何も起きていない時の玄関ホールの階段だろう。なんかあるんじゃないかという緊張感がかなりコワイ・・・
でも、真の恐怖はアミューズメント施設から自宅に帰ってからだったりして。
家の留守電を聞いてみたら無気味なうめき声が・・・とか。ヒィ

そういえば、ちょっとしたことだけど今回のハリウッド版は効果音の隅々に例の「うめき声」がかぶせられているように感じた。ひょっとしたら、いつもよりも更に技術的に手の込んだ雰囲気作りをしているのかも。

3月 14, 2005

なんと、一日遅れてしんさんも行ってる・・・
ヒマ素晴しい行動力です。

しかしイタリアンを食している画像はあるも、一切コメントがないのは逆にちょっと色々想像してしまってこわい。
今度会った時につるしあげられたらどうしよう。

今日は出勤したため、同道できなかったのが残念でした。

3月 13, 2005

イタリアン食べました

poster
上大岡に乗り込んで三種食ってきました!

本日は当blogオフ会ということで、京浜急行上大岡駅の京急百貨店に行き、大新潟展に出店している「みかづき」でイタリアンを食する試み。
りいさんと品川駅で待ち合わせ、京急に乗車。
「京急って初めてなんですよねえー、あれ、なんだこの駅名」
京急久里浜駅の隣駅にある「YRP野比」なる駅名。のび太の名字がかっこよくなっちゃったみたいな感じだ。
「何の略ですかね、YRPって」
「うーん、YRP=ヨコスカ・ろくでなしパーク野比?」
「何でそんなバッドイメージなんですか。それよりここは、YRP=YAZAWA・ロックンロール・パークin野比でいきましょう」
今にして考えると「矢沢ロックンロールProject」の方がよかったかなとも思われる。って正解はいずれも違って、もともと野比という名前のこの土地には通信関連の研究施設などが多くでき「横須賀リサーチパーク」なる名前が付けられた。この略称YRPが98年に野比の駅名に冠せられたのだそうである。

そんな京急線(どんなだ)に揺られること30分ほどで上大岡に到着、京急百貨店の催事場におもむく。
あったあった!
kanban

続きを読む "イタリアン食べました" »

« 2005年3月6日 - 2005年3月12日 | トップページ | 2005年3月20日 - 2005年3月26日 »