twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 私は銭湯のホーロー広告を愛する | トップページ | 1月も終わる〜「ブローニュの森の貴婦人たち」「マイ・ボディガード」鑑賞などなど »

1月 29, 2005

欧州2国縦断記(その5)「美の咲き乱れる街にて、カメラ盗まれること Part:3」

ローマの街角で見つけたイイ顔さん。

lion

ローマの街角でこんなどうでもいいものをパチパチ撮っていたせいで神様の罰があたったのか、この旅行のために買ったコニカのAPSカメラが、ローマを出る頃には手元から消えていた。
あんまり意識せずにいたらいつのまにか無くなっていたため、てっきりどこかで掏られたものとばかり考えていたのだが、後に他の日本人旅行者から聞いたところでは、YHでベッドの上などにほっぽっておいたのがどうもいけないらしい。

「誰でも取れるような状態にしておくってことは"持ってっていい"ってコトかなと思う人もいるからね。 『気前のいい日本人だな−』くらい思われたかも」

などと言われたものだが、ユースホステルという場は同じ旅の者同士で気が置けない場と考えていた私はそれを聞いて少なからずがっかりし、今度旅行するにあたっては全ての機械類は一本の鎖にでも繋いでベルトに留めておかねばならん等と考えたものだ。

正面きってのカッパライにも出くわした。サンタンジェロ城からパンテオン、コロッセウムを見物して近くの地下鉄駅に行く途中のことである。西アジア系の顔だちをした母娘づれが道の脇から近付いて来、母親の方が手にした新聞を示してしきりに「読んでくれ」というような仕草をする。
イタリア語なんぞ「ボンジョルノ」と「グラッチェ」くらいしか知らず、まして読めるはずがないのだが、つい反射的にその新聞に目を落とすと、その瞬間に小学生くらいの娘の方がバッと私のGパンに手を突っ込んでくる。
「すわ、母子づれの痴漢か!?」ということではなく、娘が狙っているのはポケットの中の私の財布だ。現金は必要な分しか入っていなかったものの、カードが入っているので盗まれては困る。娘はポケットの中まで手は突っ込んできたが、私にとって幸いなことに財布を掴むことはできず、そこで私が身を引く姿勢になったところポケットの入り口がグッと締まったため、むしろ手が抜けない状況になってしまった。
私は「泥棒!」と言おうかと思ったが、さてイタリア語で「泥棒」とは何と言ったものかさっぱり分からない。
この2年前にグリークラブでチェコとハンガリーに行った時は
「いざという時に日本語でドロボウなどと叫んでも誰にも分からぬのだから、何よりも先にチェコ語とハンガリー語でドロボウと叫ぶ練習を行うべきである」などと力説し、
「ズロディ!ズロディ!」(←チェコ語の「泥棒」)
「トルヴァイ!トルヴァイ!」(←ハンガリー語の「泥棒」)
と部員に大合唱させた私であったが、その時人に与えた教訓はどこへやら、この時は頭が真っ白であった。
しばらく揉み合っているうち、なにしろ白昼のことで人目にもつきはじめたので母娘はあきらめてバッと逃げ出した。こうして私の財布は事なきを得たが、私自身は初めて正面から盗難未遂に遭ったショックでその後胸がドキドキし続け、また過剰に敏感になって周囲を始終油断なく見まわしながら歩いていたので、むしろ向こうの警官などからは不審な目で見られたかもしれない。

コロッセオから地下鉄に乗り、ベルニーニの「聖テレサの法悦」が鎮座するサンタ・マリア・ヴィットリア教会、さらにトレヴィの泉、スペイン階段と見て一日目の行程を終了。
つづいて二日目は再びサン・ピエトロ寺院を起点として、今度はローマ西方を歩くためジャニコロの丘に上る。
レスピーギの華麗なる交響詩「ローマの松」に「ジャニコロの松」という曲があるのだが、これはジャニコロの丘の上で満月に照らされる松を描いた標題音楽だ。この曲名が頭にあった私はせっかく西方を歩くのであればひとつ、そのジャニコロの松というやつを見てやろうと思ったわけである。
しかし別段この丘自体は観光地でも何でもなく、松もそこらじゅうにヒョロっとしたのがおざなりに生えている感じでどうも感慨というほどのものが出てこない。丘をのぼりきったところには病院があり、見舞いに訪れたのであろうローマ市民の車が出入りしているような、観光とはおよそかけ離れた場所だった。
逆に言えば、この丘の利点はそれゆえ観光客が全くいないことと言えるだろう。その割に眺望は素晴しくて、左手にサン・ピエトロのクーポラが一つ高くそびえ、古きゆかしき建築物がどこまでも続く眺望が眼前に広がる。不粋なビルディングなどどこにも見えない。広場には、ナショナリズム華やかなりし頃に建てられたのであろう、近代イタリアの初代王ヴィットリオ・エマヌエレ2世の銅像が屹立していた。
ジャニコロの丘を下ったあとはモザイク画が古風な美しさを出すサンタ・マリア・イン・トラステヴェレ教会に行き、さらにラファエロの名作「ガラテアの勝利」が壁面に描かれたヴィラ・ファルネジーナをまわると昼飯時になる。

レストランに入る金などないので、近場に「Pizzeria」という看板のかかった店を見つけ、テイクアウトで買ったピザにかぶりつくことになるが、庶民的ファーストフードの雰囲気があるこれらピザスタンドを少し紹介しよう。

pizzeria001

pizzeria002

というような具合で、量り売りのような何とも気楽な雰囲気があるのだった。
買ったピザは店内で立ち食いするか、外へ持って出ることになる。
私はこの日はピザ・ポモドーロをテイクアウトし、ティベレ川沿いにある小さな広場に出て座り食いしたのだが、昼下がりの暖かな冬陽があたる中、老人に散歩に連れ出された犬などがはしゃまわっていたりして、何とも寛いだ気分になったのだった。

午後はかの「ローマの休日」に登場する「真実の口」に手を入れてみたり(この定番とも思われる儀式は、行ってみると日本人観光客しかやっていなかった)、かつて戦車競争が行われた競技場であるチルコ・マッシモの遺跡(現在では単なる広場で、やっぱり犬の遊び場になっている)を見たり、カラカラ帝大浴場跡を見たりなどしてから、ローマの最重要ポイントの一つであるボルケーゼ美術館に突入。
この美術館のみものはベルニーニの「プロセルピナの掠奪」「アポロンとダフネー」の2大傑作彫刻、ティツィアーノの有名な謎めいた作品「聖愛と俗愛」などであり、いずれもその表現力のすごさに圧倒されるものだった。カラヴァッジョも何か有名なのがあったような気がするが覚えてない。
もっとも、この翌日ローマを発つ直前にサン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会で見たミケランジェロの「モーゼ」に比べてしまうと、ベルニーニの仕事は霞まざるを得ない。劇的な掠奪シーンを躍動感あふれる造型物に結晶させたベルニーニは確かにバロック期を代表する卓越した彫刻家なのだろうが、対してミケランジェロのモーゼは、腰掛けている像にも関わらず物凄いエネルギーが動いている。圧倒的な躍動感が伝わってくるのに、よく見るとやってることはただヒゲ触ってるだけなのだ。こんな凄いものは未だかつて見たことが無かった。やはり天才というのは空前絶後の仕事をしてしまうが故にそう呼ばれるのだろう。

サン・ピエトロ・イン・ヴィンコリ教会を出て、昼にテルミニ駅を出る列車でフィレンツェへ向かうことにした。
テルミニ駅構内のマクドナルドで昼食をとる。この先あちこちでマクドナルドには大いに世話になったが、食べている途中に物乞いが来たのはテルミニ駅のマックだけだった。
3時間ほど電車に揺られ、ついに「花の都」フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ駅に到着したものの、やはり私はここでもYHまでの経路で大いに迷うことになる。ようやく町外れの丘の上にある山荘風のYHにチェックインして街を散歩しようかという頃には、既にトスカナの空に晩鐘が響き渡る時刻になっていたのだった。

NEXT 「麗しき、花の都の牛モツサンド」(仮)

see you(^_-)

・・・いつまで続くんだろう・・・(^^;)

« 私は銭湯のホーロー広告を愛する | トップページ | 1月も終わる〜「ブローニュの森の貴婦人たち」「マイ・ボディガード」鑑賞などなど »

「イタリア」カテゴリの記事

「マイルーツ」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりです。
年末のHさんの忘年会で少しお話させていただいた村上です!!
毎回、楽しく読ませてもらってます~。

私も、ローマでジプシーの親子のすりにあいそうになり、フィレンツェでは、YHを見つけられず歩きまくった覚えがあります(笑)
ついついなつかしくなって、書き込んでしまいました。
やっぱり皆同じような目に遭うのですかね(^^;)

また、次回を心待ちにしてます!!

まいこさん、忘年会以来ですね~。こんにちは。
ローマとミラノはけっこう気をつけないとヤバい感じでしたね。
あと、YHは持ってったガイドブックがまずかったか、どこの街でも迷いました(^^;)
思い返すと迷ったりトラブったりした時の方がよっぽど記憶が鮮明だったりするんですけどね。

拙い思い出手記でお恥ずかしいんですが、よろしくですー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2930/2733282

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州2国縦断記(その5)「美の咲き乱れる街にて、カメラ盗まれること Part:3」:

« 私は銭湯のホーロー広告を愛する | トップページ | 1月も終わる〜「ブローニュの森の貴婦人たち」「マイ・ボディガード」鑑賞などなど »