twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2004年1月25日 - 2004年1月31日 | トップページ | 2004年2月8日 - 2004年2月14日 »

2月 07, 2004

英米圏だめんずな私がOrkut登録で思ったコト

米国Googleの社員がつくったという「友人ネットワークづくりサイト」とでもいうべきか・・なOrkutからのインビテーションが来た。
英文のメールなど、スパムでなければamazonからしか貰ったことがないのでかなりビビりつつも、なにやら面白そうなので首を突っ込んでみることに。
Orkutがどんなモノなのかというのは、以下のリンクなど見ていただければ。

Orkut?ソーシャルネットワーク?” from dh's memoranda
Googleから出会い系サイト?” from dsb::digi-squad*blog
健全(?)なる出会い系 Orkut” from drift diary

 実際に登録してみると、これは口コミベースにおける「面白い人がいるよ」って教えあいをインターネット上で再現する仕組みであり、「メル友ボシウ中です~」ってな感じに不特定多数の方へわたしを見て!アクセスして!と発信する現存の「出会い系」サイトのノリとは違うように思われる。
 なので、プロフを登録するのにも人種とか宗教とか政治姿勢とか、かなり細かいところまで突っ込んで設定することができる。
 今のところ、Orkutユーザに既になっている人から「この人を自分の友人ネットワークに加えたい」という意図含みのインビテーションE-mailを受信した人だけが、登録できる仕組みになっているようだ。
 もちろん拒否URLもメールに記載されているので、「んな怪しげなモン、わしゃお断りじゃ」って人は拒否できるしくみのようだ。
 
 ようだようだって書いてるのは、正直言って私は英語などできないからである。自慢ではないが英検だって一度も受けたことがない。綿矢りさを読まないのと同じで、周りみんなが判で押したようにソレをやってる状況では、自分もやるのは気持ち悪いという感覚があるからだ(まあ、そんなん中学校時代の話だけど)。
 受験のときには多少は読んだし、ラングで卒論書いた時も無理くりLotte Eisnerの"Fritz Lang"とか読んだのでなんとなく書いてある文章は推察できなくもないが、英作文はかなり赤みがかった点数だし、会話能力もない。
 そんなんがフル英語のネットワークサービスに登録しようてぇんだから、まったく興味本位な猪突猛進というほかないだろう。

 しかし@nifty辞書にお世話になりつつプロフをつくっていく過程は、かなり面白かった。
 とくに面白いなと思ったのが、アイデンティティを示すために選択する様々な項目だ。

 たとえば"ethnicity"。「人種」という項目はおそらく日本のコミュニティサービスにはあり得ない。(でも実際にはいっぱいいるはずで、在日の方々から就学ビザで渡航してくる大陸の方、モンゴル人力士まで可能性は様々のはずだ)しかしアメリカでは重要なパーソナリティのひとつで、African-americanにnative american、middle easternからmulti-ethnicと多彩である。
 "religion"。日本のYahooやniftyじゃ「あなたの宗教」なんてことは聞かない。聞かれたらどうする。「真宗大谷派」とか実家が檀家になってる寺の宗派でも答えればいいと言うのか。といって"atheist"無神論者と自称するにしては、初詣に盆参り、結婚式は信じてもいないキリスト教の教会で「神の前で誓います」とか結構な茶番をやってるし、いい加減極まりない現状がある。"no policy"とでも言えばいいのかもしれないが、ンな項目はありません。("Spiritual but not religeous"って項目はあるけど、これって霊感はあるけど別に神の存在は信じません、ってノリの人のようにも思える)

 そういえば谷中に行ったときに徳川慶喜の墓を見たが、井戸のフタに丸石が積んである仕立ての、なんか「リング」を思わせる異様なモノで、こりゃ一体なんだろうと思っていたら件の近所在住お年寄りが「あれは神式なんですよ」と教えてくれた。
 寛永寺につづく仏式墓地満載の谷中墓地の大物、慶喜の墓標は神式。いかにも日本的な神仏習合ノリを体現しているようだ。まあ家康にしてからが「神」になってるくらいだしなァ。(もっとも谷中墓地のはじっこには、神田ニコライ堂のニコライさんが眠る正教のお墓もあり、ロシア十字架が立っている)

 閑話休題。

 つぎの項目は政治思想で、"political view"。選べる選択肢を順番に述べると"right-conservative","very right-conservative","centrist","left-liberal","very left-liberal","libertarian","very libertarian","authoritarian","very
authoritarian","depends"てな感じ。
 こうしてみるとリバタリアニズムなるものは米国では「右」「左」的分類に大項目として加えるべき、きちんとした政治志向の一環なわけだ。
 私のえーかげんな理解では「リバータリアン=いっさいの国家的な規制や政策をきらう、過激な経済自由主義者」てな感じだが、保守/リベラリズム/リバタリアニズムといった感じでとらえておくのが米国の政治を考えるうえで有効ということだろうか。あとの"authoritarian"はよくわからんが、辞書をひくと「権威主義」か「独裁主義」ってことになる。"very authoritarian"ってのは、してみるとイラクのバース党みたいな連中なのだろうか?国家社会主義者とかもこれに含まれるのか、どうか今度しらべてみたい。
 日本人の大半は"centrist"穏健・中道派というところだろう。どうでもいいよって人たちが"depends"なのであればここにカテゴライズされる人も多数いるはずだ。
 "sense of humor"って項目、これはつまりギャグセンスか?選択肢は"campy/cheesy","goofy/slapstick","dry/sarcastic","obscure"...ってわっかんねーよ!チェック入れて米国人からこの志向にあったジョークメッセージが飛んできてもうろたえるだけなので、ノーチェックですこの項目は。
 "oyaji-gag"って項目があったら間違いなくチェック入れるんだけどなあ(おやじギャグ聞くのが何より楽しい20代)。
 
 あとまあ色々ありますが、興味のある方は既に登録している人からインビテーションを受け取って登録してみてください。(そんな労までとらねーか)
 私が最も苦労したのは"describe yourself"の欄。こんなに気負って英作文したのは受験のころ以来だ。
 たぶん文法的に間違ってます。

2月 06, 2004

有楽町線の謎~幻の新橋駅

前回の記事についた加藤さんのコメント
 有楽町線かあ。
歴史的には昭和43年開通というから、戦後の路線ではあるので、帝国の海防という意図で敷設されたかというと違うのかもだが、朝霞の駐屯地から一直線に木場へ行くというのは、けっこう意図があったりして。
 新木場からは、お台場=ペリー来航に刺激された幕府が置いた海防の地に直通するりんかい線にも接続している。
 妄想ですよ、妄想。もと運輸省の官僚さんなんかには一笑に付されると思いますが、こういう妄想こそ楽しいのも事実なわけで。

 ところで、有楽町線の新富町駅付近にはけっこう面白い建築物があるようだ。→参考
 すげえなあ、築地本願寺。正金アパートもなかなか面白そうだ。

 加藤さんへの返信コメントでも言及したが、有事と地下鉄というと、押井守のアニメ映画「機動警察パトレイバー2 the Movie」を思い出す。
 この映画、周知のところとは思いつつ話のアウトラインを述べれば、カンボジアへの自衛隊派遣(現在の明白な「派兵」からくらべれば、あの頃はまだ派遣と言えたのでは)論議かまびすしい時期に封切られたもので、冒頭、いきなり真っ白な機体に「UN」の文字が刻印された自衛隊のレイバー(人型汎用ロボット)が、交戦指示待ちのままミサイル攻撃で次々撃滅されていくという刺激的なシーンで始まり、それが「近未来の二・二六事件」ともいうべき自衛隊一部部隊による決起へと繋がり、ついには東京が戒厳令状態に流れこんでいくという凄すぎる映画であった。
 この映画のすごいのは、最後まで決起部隊の主体が映画の中に姿を現さないことである(凡庸な映画では、途中で「敵アジト」のシークエンスが挿入されたりする)。誰が「敵」なのか、どこを潰せばこの状況に決着がつくのか分からないままに、「ただ状況だけが進展していく」という、現在のテロ・ネットワークと対テロ戦争下の状況を先取りしてしまっていることだ。
 こんなのがあるから、日本のアニメーションは世界的と言い得るのである。これに比べればハリウッド映画の「マーシャル・ロー(戒厳令)」など、ブルース・ウイリスが寝言言ってるだけの映画である。(と言うか、「お前ほんとは演技しながら寝てンだろ!」と小一時間問い詰めたい)
 「機動警察パトレイバー2」について語り始めてしまえば止まらなくなるが、今回の話にからむ部分を述べると、この中で主人公である警視庁警備部特車2課(彼らも「公安」的組織に属する)たちもやはり、戒厳部隊の中に含まれているであろうテロリスト部隊の間隙を縫って移動するべく地下鉄を利用していた

 その終着駅が、虎ノ門~新橋間にある不自然な急カーヴを、もしそのまま直進していったならたどり着いてしまうという、銀座線・幻の新橋駅である。

 この幻の方の新橋駅を作ったのは、強引な鉄道会社乗っ取り策により「強盗」との異名をとった東急の五島慶太であり、彼の傘下にあった「東京高速鉄道」だった。
 このあたりの経緯は猪瀬直樹が、五島慶太と彼の作り上げた鉄道/不動産王国を追求した「土地の神話ー東急王国の誕生」に詳しく書かれている。(これ、かなり面白い本なので未読の方は是非。)
 アウトラインだけ述べれば、東洋最初の地下鉄会社として「地下鉄の祖」早川徳次がしいた東京地下鉄道<浅草~新橋>に対し、西の池上電鉄・玉川電鉄などを飲み込んで新興鉄道王国を確立しつつあった五島慶太の東京高速鉄道が、新橋駅で衝突。現代であれば私鉄と営団は相互乗り入れするところだが、ここで早川の意図であったところの新橋~品川ラインと五島の新橋~渋谷ラインの2構想が互いに乗り入れることを不可能にし、かくて新橋駅には東京地下鉄道側と東京高速鉄道側の二つのホームができることになってしまった、という。

 それぞれの民営地下鉄がこの確執により株の売買戦争に突入するこのあたり、「土地の神話」でも相当エキサイティングな部分なのだが、これが現在の「営団地下鉄銀座線新橋駅」に結実するところではさらにひと転換がある。ここは読んでいて思わずのけぞる!という展開だ。
 これ以上は実際の本にあたってほしいが、登場人物だけ述べるならばここに忽然と現れるキャラクターが、当時は鉄道省監督局鉄道課長の職にあった佐藤栄作なのである・・。

 どうです、面白そうでしょうが。(←ヤスケン風)

 「ペルソナ~三島由紀夫伝」では岸信介がかなり重要なキャラクターとして効いていたが、岸・佐藤という官僚統制主義者たちは、猪瀬直樹の中でもかなり「日本国」の本質を露呈させる存在として重要なのではなかろうか。
 そのように成立した帝都高速度交通営団も、まもなく民営化される
 実に歴史の流れというのは所業無常ですなぁ・・。

 そんなわけで鉄道って、めっちゃ面白い存在なのだった。
 ちなみに私は鉄っちゃんではない。(最近エクスキューズが多いな・・・笑) 

2月 05, 2004

三善里沙子@中野

中野の異業種交流会Dネット例会。
今回はライター、中央線沿線文化人類学者の三善里沙子さんをお招き。「中央線なヒト」は以前から読んでいたので、楽しみにしていた。
パワースポットとしての中央線という話なんかも出てきておもしろい。三善さんの祖先をたどると著名な陰陽師だそうである。小松和彦氏と共著でこんな本も。
東京駅=天皇の玄関駅→高尾駅=天皇の墓(多摩御陵)というルートをたどる中央線は、天皇の生から死をたどるルートという解釈ができるというのは、原武史氏の「鉄道ひとつばなし」にもおさめられている(「JR中央線の復古神道的解釈」)が、今回のお話の中で飯田橋近辺=靖国神社、市ヶ谷=自衛隊駐屯地(明治時代に陸軍士官学校、昭和に入って参謀本部が置かれる)、とたどって、中野にはかつて憲兵隊→陸軍中野学校があり、また思想犯が収容された中野刑務所があった、という指摘を結びつけると、ちょっとした妄想が湧いてくる。
天皇>天皇のために死んだ者をまつる神社>軍隊>影の軍隊/反逆者というライン。
まあ、これはあくまで私の脳内妄想ですが。
三善さんと出席者の間で様々なトークが持たれる。中野駅近辺はなかのZERO付近とその対面(丸井の裏あたり)、自転車駐輪場あたりなど、坂になっているのだが、これはそもそも現在のJR中央線が桃園から現位置に移動される際、もともと高台だったこの土地を掘り下げて高架の下に中野通りをくぐらせるようにしたのだそうである。
これは初めて知った。日ごろ生活している地形の由来がわかるのは面白いな~。
区役所の横あたりにある広大な警察大学校跡地は、まちづくりというテーマで今議論が行われている場所だが、今日の話の中で吉本新喜劇を呼んできてお笑いの殿堂にしたら面白いんじゃないかという話が出ていた。
中野は芸人の巣窟のようなところなので、それもすごくイイと思う。芸人さんたちも交通費がかからなくて助かるのではなかろうか。
例会のあとは定番の飲み。三善さんもまじえて「俺んち」で11時過ぎまでもりあがる。
しこたま酔って、ファンヒーターつけっぱなしで寝てしまっていた。起きてみると喉がカラカラ。まずいなあ、今風邪ひくわけにはいかないのだ。
薬飲んどこう。

2月 04, 2004

おっさん世界ペルシダー

霞ヶ関に仕事で行く。この駅に乗換え以外の用で降りるなどかつてなかった事だ。めったに行かないしせっかくなので遅いランチをイイノビルの地下にある喫茶店で食すが、これがまるで時計の止まったような店。薄暗い店内に超フカフカの一人掛けソファ。客は頭頂の薄くなったおっさんしかおらず、寝るか話すかスポニチを読んでいる。真っ白な肉厚のコーヒーカップに苦みの強い「珈琲」と呼ぶほかないコーヒーがたたえられ、全ての卓にはデフォルトで灰皿。アナログレコードプレーヤーを天辺に頂くステレオセットが陳列してあるが、BGMは有線歌謡曲。ポマードで髪を整えた長身の中年ウエイターが、銀盆に乗せて「ミックスサンド」を持って来る。
日本国の中枢と言える官庁街にひそやかに眠る、おっさんの為だけにあつらえられた地下世界。おっさん世界ペルシダーと呼ばせていただきたい。 こんな、「カフェ」ブームなどどこ吹く風の店がやはり生き残っていて欲しいものである。

ちなみに私はおっさんではない。

2月 02, 2004

今日買った本&ヤバい新商品

中野のあおい書店で土田世紀「ギラギラ」4巻(ビッグコミックス)、星野之宣「宗像教授伝奇考」第一集(潮漫画文庫)を買う。文庫版「宗像教授」の解説はとり・みきだ!
「ギラギラ」も4巻までくると初速のギラギラ感がいまいち鈍ってきた感じだが、ライバル役の葛城大成が放つスパイ役青龍のものすごく人品の卑しい顔の描き方には感心した。
浦澤直樹が「Happy!」を連載していた時も思ったが、本当に憎たらしいキャラクターを絵で描けるマンガは強い。(他の例としては「将太の寿司」に出てくる笹寿司ムスコの上くちびるとかね)
星野之宣は面白いことがわかってるので安心して読める。短編だけに、その分ぶっ飛ぶような意外性は期待し得ないなあと思っていたら一番最後の「巨人伝説」で
「わしは古代には巨人が実在していたと思う」
などとすごいコトを宗像教授が言い出すので驚いたが、その後のハナシのデカさにも驚いた。ここまで風呂敷広げるならフツウは2話くらいに分けそうなものだが、荒業。

カウンターに持ってくと、レジ脇にジョン・ダワーの名著「敗北を抱きしめて」の増補版が平積みになっているのを見つける。「ビジュアライズした増補版」とあるが、図版以外にも何か加わっているのだろうか?憲法草案起草からパンパンガールまで、ものすごく「熱い時代」としての終戦直後の日本を描き出したピュリッツァ賞授賞作。この本は読んでいてけっこう胸に来るものがあったのは覚えているのだが、戦争時代の日米双方の人種戦争的側面を告発した同著者の「容赦なき戦争」の衝撃性の方が強くて、いまいちどんな重要記述があったか覚えていない。この機会に再読してみようかと思う。

amazonを見てたら、おっそろしいモノが出ることを知った。
エリック・ロメール Collection DVD-BOX
ヤバい。この金のない日々にこの企画はヤバい。全員集合BOXも控えているというのに。
ちなみに今回のボックスでは「獅子座」から「コレクションする女」まで入っているようだ。
これって、次は「飛行士の妻」とか「モード家の一夜」とか「愛の昼下がり」とかが入るわけですよね?
もう激ヤバです。飢え死ねと言うのか。

三茶ぶらぶら日記にTB

しおぴーさんがココログをオープンしたということで、ご挨拶トラックバック。

しおぴーさんとは1月に行われた、とあるネット界の有名人宅パーティーでお会いし、そこはインターネット関連の人が集う場であるにも関わらず、映画の話だけで盛り上がってしまった。
しかしプロフを見てみると、南Q太や「風雲児たち」にも興味をお持ちのようで・・・。

ちなみに南Q太は私、おそらく出版されているマンガはほとんど持っているが、最も好きな単行本は「天井の下」である。
最近出た「スクナヒコナ」もおそらくそれを超える傑作になりそうだと思うが、まだ一巻しか出ていないので判断は留保。(「夢の温度」は途中で萎えた)
「こどものあそび」も泣いたなぁ・・。

岡崎京子好きって男子は石を投げても当たりそうだが、南Q太好きの男子はけっこう希少ではなかろうかと思う。(私の周りだけだろうか?)
ということで、今後ともよろしくお願いいたします。

無人島へもっていく一枚・・

CLASSICAがアクセス300万突破記念企画を開始。
お題はクラシックファン永遠のトピック「無人島へもってく一枚」だ。
今回は畏れ多くもiioさん本人からコメントをいただいたコトもあり、おずおずとながら投稿してみようと思っているのだが、さてどうしよう。

だって、

無人島だぜ。

5年くらい前の自分なら「ワルターの振ったマラ9!」とか「フルヴェンのバイロイト第9!」とか言ったかもしれないが、三十路がだんだん目に見えてきた昨今、無人島でそんな濃いモノを日々聴いてたらいくら何でも疲れるだろ!って状況が見える。

といって、「ベートーヴェンの交響曲全集。」とか「指輪。」とか言っちゃうのも、なにか企画の趣旨を意図的に微妙に取り違えて反則じみているような気もする。

一発発想をガクッと転換して、無人島でしょ?日々なにも起こらない環境だよねー。だったらミニマルしかないよってコトでスティーヴ・ライヒとかいう方向性もあるのかもしれないが、正直いまの環境でライヒ聞いてても途中で止めてテレビとか見始めてしまう自分。これが無人島で聞き始めようものなら、多分脳ミソがトウフになるだろう。

メンデルスゾーンとか、あまりに健康な音楽を聴いてても、そりゃ悪や矛盾の渦巻く日常で聞いているならば心も洗われようが、なんにもない環境で聞いてると段々ムカついてきそうな気もする。(←わがまま)

うーん・・・
室内楽とかは・・・
うーん・・・

そんなわけで、選べたあかつきには投稿するので、しばしお待ちを。
(やっぱ永遠の企画だよなコレは・・)

古河社長blogに感心。

スパムメール対策トピックで紛糾(?)したニフティ古河社長blogの最新記事、「@nifty BB festa」読む。
niftyが催したブロードバンド広報イベントの感想がつづられているのだが、自分も会社で顧客満足度向上のためのイベント開催に関わったことがあったもので、興味深く読んだ。
感心したのは、

お客様とニフティ社員との接点はメールや電話でのお問い合わせ対応が中心になり、お客様と直接、対面でお会いする機会はほとんどない。
私の思い込みかもしれないが、そのせいか、ニフティの社員は顧客満足度に対して実感が持てないようである。

このため、
このような背景から、ニフティの社員にお客様と直に接する機会を持たせたいと考え、「@nifty BB Festa」というイベントを行うことにした。

という部分。

自社のイベントをやっていて思ったが、顧客満足度向上というのは直接的に売り上げにつながる内容ではないだけに、会社はできうる限り効率的に、最小限度のコストで行おうとする傾向が強いようだ。
うちの会社の場合は人事的なコストをカットしようとする向きが強く、現場の業務をとめる恐れがない管理職をスタッフとして使ったり、日雇いのバイトを雇ってイベントを切り回そうという意識が上層部にはあった。
目先のコスト感覚でいえばこれは止むを得ない選択なのかもしれないが、そこには上記の古河社長のような視点が欠けている。
社員が顧客が満足する「現場」に立ち会うことで、顧客の満足と同時に、社員の働きがいをも創出することができる。と、古河氏は考えたのではなかろうか。
社員が働きがいを見つけて働くことこそ、最終的・長期的な効率化につながることは間違いない。
実際上記のイベントでも

メールなどでは、普段厳しい意見をいただくことが多いのですが、、お客様の喜ばれる表情を拝見できたことは期待以上だったと思います。

といった社員の感想が寄せられているようだ。

ISPは顧客の「喜び」の現場から遠い業種の最たるものかもしれない。顧客からのアクセスはたいがい会社に文句をつける人からのものであって、サービスに満足している人は自宅で満足しており、会社にわざわざ電話をかけたりメールを送ってまでその満足度を伝えるなど、よほど奇特な人でもないかぎりは無いのが普通である。
そんな環境で業務をやっていれば、忙しくなればなるほど働くことの喜びは遠ざかっていく。特に一次対応を受け持つ立場の人はその傾向が強いだろう。
そういう中で顧客満足度向上の現場に立ち会うことは、自らが取り組む仕事の意味を見つける点で重要である。
「会社」は配当だの利益だのの創出のために動いているかもしれないが、はっきり言って普通に働いている一般社員にとってはそんなことは雲上の話、お客さんの喜ぶ顔が一番の励みなのである。(あとはお給金ってのもあるが・・)

実際にイベント現場で働いたスタッフの声もきちんと吸い上げていることにも感心した。ちゃんとした会社はえらい。(って何か最終的にはフツーの感想だが・・)

« 2004年1月25日 - 2004年1月31日 | トップページ | 2004年2月8日 - 2004年2月14日 »