twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月17日 - 2004年10月23日 »

10月 14, 2004

ノースモーク者からスモーク者へ

私は27にして初めて煙草を吸ったので、その前は煙草に関する常識がまるでなかった。
「煙草買ってきて、マルメンライト」
は?
「マルボロのライト、メンソールだよ」

ってんでコンビニ行くとマルボロだけで6種類くらいあり、
「あーもう、何買えばいいんだかホントわかんない!こんな文化は絶滅しろっ!」

てな感じであった。

眞鍋かをり嬢もそんな感じらしく、「ボックスで買ってきて」って言われてカートンを購入してきてしまった失敗談をblogで語っているんだけど、まったくもってその通りで気持ちは理解できる。
非・喫煙者にとってタバコ文化というものはもう、あるだけで謎のジャングルなのであって、しかもうっとうしく、出来得るならこんなジャングル、焼畑農業的に滅ぼしてしまいたいと考えるものなのである。

続きを読む "ノースモーク者からスモーク者へ" »

10月 13, 2004

ヒロシ本

ヒロシって本まで出すようになったんですね・・・知らなかった。
ビタミン寄席芸人、かなりの進出ぶりです。

トマトで煮込み&「メール道」もらっちゃいました

041012_dinner01.jpg
西友で鶏肉が安かったので、冷蔵庫の中の余り物のキノコ類と一緒に炒め、ホールトマトとコンソメスープを加えて煮込んだ。
キャベツをコンソメスープと一緒に煮立ておいたのだけど、やっぱもう少し歯ごたえが残ってた方がおいしかったかな?という感じ。
041012_dinner02.jpg
ちょっと食べ足りないかな?と思って残りのスープを暖めてスライスチーズをつけてとろーんとした所を引き上げて食べてみる。
うまい。
トマトソースとロールキャベツとチーズをうまくとりあわせて食ったらきっとめちゃうまだろうなぁ。
そこまで仕込む根性は私にはないが・・。

そうそう、話題のメール本、久米信行氏による「メール道」もらっちゃいました。
WADAさんのプッシュ読んで読みたいなーと思っていたんだけど、とりあえず第一章よんで「COMZINE」にある「メール道」にアクセスしてみたら、たまたまWADAさんの文章が取上げられていた(^^)

じっさいメールって、出すのは簡単なんだけど、ニュアンスに気を使いはじめると際限なくむずかしくなっていくものである。
けっきょく自分なんかは考えこんだ末に文章を詰め込みすぎ、異様〜に長いメールをMLにポストしてあきれられるタイプの人間だ。(まぁ、このblog読んでるとわかると思うけど・・・)
しかもblogなんかだったら、一回ポストした後"てにをは"が気になって後から直す等といった芸当も可なのに、メールはそうはいかない。なのでけっこう自分はメールひとつ出すのにも迷ったり書き直したりと、時間のかかる方です。

ところがあとから振り返ると、ばんばんゼイ肉は切り落としてさっくり簡潔にまとめたほうが効果高かったんじゃねえの〜って思えたりして、それが発展したあげくお前は二兎を追う生き方をしてるんじゃないかなどという自分への(余計な)問い掛けなんかも生まれたり、そんなんですごく奥深いのがメールだったりするわけだがそのへんが書かれていたりすると面白くていいなと思うわけです。
ということで、これから第2章読むところ(←全然進んでねーし)。

10月 12, 2004

ジョアン・ジルベルトは古今亭志ん生のようだった

パーティー後、すっごい眠い足をひきずりながら有楽町の国際フォーラムに移動。
ボサ・ノヴァの巨匠、ジョアン・ジルベルトの日本公演を見るためだ。

ボサ・ノヴァだジルベルトだといっても私には正直いってスタン・ゲッツの「ゲッツ/ジルベルト」をたまにひっぱりだして聴く、くらいしか素養なし。ダイアナ・クラールとかAkikoとかがボサ・ノヴァ風の曲を歌ってたりするのを「ふーん」と思って聴きこそすれ、ジョビンやジルベルトの創始したブラジル音楽としてボサ・ノヴァを真正面から聴き込んだことはおそらく一度もないと思う。
そんな私なんで誘いがなかったら行ってなかったはずだけど、行ってみればその巨匠ならではの演奏スタイルに圧倒させられた。

まず国際フォーラムのホール内はジルベルトの希望により空調が切られており、暑いとてつもなく暑い
そしてジルベルトはトーンを上げたり起伏をつけたりはせず、最高にまろやかなあの声質でまるでぶつぶつつぶやくように歌う。
なんだかわかんないけど一緒に行ったUさんによると、1番2番とか移らず、同じ歌詞をずっと歌ってたりもしたらしい。
そして演奏の途中、止まる。それも20分くらい。これが実は困ったりしてるわけではなくて、どうも感激のあまり次の曲に行けなくなっていたりしたということらしく、みんな観客はめちゃめちゃ拍手しているのに一向次の曲に行かない。
「イパネマの娘」がついに弾かれ、いっぺんジョアンがひっこんでいよいよ最後か、アンコール!とか思ってると戻ってきてその後また10曲くらい弾いたりする
暑気の中意識モーローとした感じでついにライブが終わった時には、4時間の時間が流れていたのだった・・・

それにしてもこれは、まさに巨匠の音楽だ。ジョアンのギター一本声一つで何千人の観客は釘付けとなり、その中で自分はといえば、心のポケットにスッと入ってくるこういう声をきくことこそヴォーカル曲を聴く喜びそのものだなぁという思いに満たされており、なんだかんだいっても幸せだった。
ジョアン・ジルベルト73歳、もうなんだか芸の極限、「火焔太鼓」を語り直し続ける古今亭志ん生のようなのであった。
とは言うもののボサ・ノヴァを空気のように摂取しているファンの方には大変申し訳ないことに、もうモーロー状態な私は3曲くらい聴いては2曲くらい寝てたりしましたが。

そして発汗のあまりぶっ倒れそうになった後に、有楽町で飲んだビールの味は格別なのだった。

パーティールームからの眺望

吉祥寺から西荻まで歩いた後に「24」シーズン2最終話まで見た昨夜明け、今日は会社の同僚同士が結婚するっていうんでお祝いランチパーティーに集合。
041011_twinparks.jpg

会場はかつて当社でバイトしていたマダムが現在住んでいる、汐留の某巨大マンション26Fパーティールーム。
041011_tokyotwinparks00.jpg
もうなんか、玄関からしてすごい。
仕事で遅れて到着し、一人このトビラの前で立った私は「よもや合言葉を呟かないと開かないのではッ?」と往生していたが、そんな私を不審げに横目で見つつ住人らしいおじさんがスッと入って行く。単なる自動ドアだ。(セキュリティはこの内側にちゃんとしたのがある)

041011_tokyotwinparks01.jpg
26Fはこのマンションでも中腹なのだけど、桂離宮がこんなに見渡せるよき眺望。晴れていたらもっといい感じだったろう。

041011_tokyotwinparks02.jpg
パーティールームとは違うが、1Fのラウンジはこんな感じで、もはやホテルとしか思えません。

勝ち組の住処ですなぁ・・・(^^;)

牛腸茂雄展at三鷹美術ギャラリー

新潟市美術館で一度みた牛腸茂雄展が三鷹市美術ギャラリーでやっているということで、これを見せたいなと思ってた人と一緒に三鷹に行ってきた。
前にみたときはざっとしか見ることができなかった「見慣れた街の中で」シリーズがじっくり見られて良かったが、新潟市美術館のときにくらべて点数が少なく、大好きな写真のいくつかが展示されていなかったのは残念。

おなじ新潟出身の写真家である牛腸茂雄は自分にとってますます重要な作家だなぁと思うようになってきた私は、ビデオ上映されていたドキュメンタリー映画「SELF AND OTHERS」のクレジットで、この映画が最近すこしばかり縁のある映画制作会社シグロの制作であることに気付き愕然とした。うーん、縁ありすぎ、牛腸。

そんな縁はおくとしても、かずかずのポートレイト写真に写っている、被写体とはもはやいえない、プリントの中からこちらを見返す数々の視線。この視線たちは、写真を撮るということが牛腸にとってはただの「制作行為」ではなく、自分と世界、人とワタシとの距離のおきかた、コミュニケーションそのものだということを伝えているようだ。

こんなふうにつくることと生きることを同じ軌道の中におくことができたとき、人は何を感じるのだろうか。

10月 10, 2004

Bloglines

RSSリーダーをつかってみたくて、けっこう前に登録したまま放っておいたBloglinesを色々いじってみた。
Mybloglistやなんかに登録しているblogをようやく一通り登録して一息。
Bloglinesで登録したblogは、他にどのくらいの数登録されているかチェックできるのだが、ジャンル別に分けてると映画やクラシック音楽ジャンルのblogは登録数がヒジョーに少ないことに気付く(^^;)。

作業してたら、goo blogやlivedoor blogではユーザー向けに無料RSSリーダーサービスを開始していることを初めて知った。

goo RSSリーダー
livedoor Blogリーダー

ニフティではやらないのかな?

関係ないが、デリダが亡くなったそうなのでメモ。

« 2004年10月3日 - 2004年10月9日 | トップページ | 2004年10月17日 - 2004年10月23日 »