twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 2004年8月15日 - 2004年8月21日 | トップページ | 2004年8月29日 - 2004年9月4日 »

8月 26, 2004

ボランティアで東ティモール産のコーヒー豆が買えるとか。

何気なく人んちのサイトに表示されたGoogleの公共広告をクリックしてみたら、ピースウインズ・ジャパンのサイトでこんなのを発見。

あなたができる支援 ピースコーヒー会員

東ティモール産のコーヒー豆を買うということが東ティモールの経済的自立を支えるボランティアにつながるそうで、私のようなコーヒーほっといても飲みまくる人にはいい切り口かもしれない。
おいしいのかどうかは謎ですが。

8月 23, 2004

トマトソースパスタ

040823_dinner.jpg
今夜はナスとベーコンのトマトソースパスタ。お弁当用につくった煮込みを利用しました。

金曜夜のWOWOW「呪怨2」視聴~休日出勤~土曜のオールナイト~明けて日曜の万博美術展~沼袋祭礼~DVD見ながらコンタクトしたまま寝ちゃった~と経由して今日の出勤はかなりヘロヘロ。うーむ、昔はこんなじゃなかった気もするが、やはり体力が落ちているのだろうか。

nikkeibp.jp健康」によれば、1日5杯以上緑茶を飲む女性は、1杯未満の人にくらべて胃がん発生率が半分になるとか。

1日5杯以上の緑茶で胃がんが半減
でもこれ、男性の場合は目立った効果がみられないんだそう。
前もあったよな。コーヒーには制ガン効果があるけど、女性だけだって話。
なんで男女違うんだろうなあ。うらやましい。

万博美術展~夏祭り

昼過ぎに起きたが、さすがにオールナイト明けの疲れはあまり簡単にはひかず、2時くらいまでダラダラ。
上野でやっている展覧会ふたつ「世紀の祭典 万国博覧会の美術」(東博)と「横山大観 『海山十題』展」(芸大美術館)をはしごするつもりだったが、時間的に一つしか見られず、バラエティがありそうな「万国博覧会の美術」に行ってきた。

ロンドン万博にはじまる、19世紀~20世紀初頭の産業見本市としての万国博覧会。そんな初期万博における日本の工芸品等を中心とした展覧会ということで、極大極小を強調した見目を驚かせる出品物がザクザク続く。
「杉の木でも挿すのか!?」とツッコミを入れたくなるようなでかすぎる有田焼の花瓶や、もはや容器という出発点を完全に忘れ去ったギネス的巨大さの絵皿がドーンと置いてあるかと思えば、逆に蒔絵をあしらった漆器の信じ難いような細密さに驚く。
もうデカイ壺なんかは見てるとだんだんギャグに見えてくる。明白に、肩に力が入りすぎているのだ。
これは万国博覧会の展示場という、ある意味スペクタクルを強要される場に出品することを前提に作成したこともあるし(初期のウイーン万博では、名古屋城の金のシャチホコがその巨大さを誇っていたという)、日本工芸が輸出産業に活路を見出していくために、後世からみるとやりすぎにすら見える自己アピールを行っていたということもあるだろう。また、これまでの主要な注文主だった武士階級を失い、よく好みの分からん外国人向けに工芸をつくるという課題に困ったのか、様式の折衷のあげくなんだか訳の分からない趣味になっているものもあって面白かった。
後半には西洋美術もあり、アングルやクールベ、黒田清輝などが展示されていた。また、西洋美術におけるジャポニスムもとりあげられていて、エミール・ガレやバカラ社のガラス工芸、日本陶芸に影響を受けたやきものなどもあり、こっちの方が趣味がよかった気もする。まあ、これらの元ネタは明治政府が輸出産業の見本として作成したプレゼン的工芸品ではなく、もっと昔の味わいのある工芸品なのだろうと思うが。そういえば、かつてこんなのも見た。

そこそこおもしろかったけど、なんだか疲れる展覧会だった。体力のない時に見るもんではない。

帰路、近くの沼袋氷川神社祭礼に寄った。
040822_sairei00.jpg
沼袋の近くに長く住んでいるのに、夏祭りに来たのは初めて。初めて入る境内は屋台と人でいっぱい。型抜きとか懐かしいなぁ・・・。
舞台では奉納演芸の和太鼓が披露されていた。
040822_sairei03.jpg
十三というグループらしいんだけど、すごいバチさばきを見せてくれて、なかなか熱くさせてくれた。
040822_sairei01.jpg
040822_sairei02.jpg
グループのページなのかリーダーの個人ページなのかわからないけど、ホームページもあるようだ。

舞台に寄って撮っていたら、取材中のスタッフに遭遇。なぜか機材を持って演奏後のインタビューについていくことに。舞台裏で、玉の汗をかいているお兄さんにインタビューするスタッフの後ろで、卵やソーセージの入った西友の袋を下げながら三脚をかついでいる謎の男はかなり不審に映ったのではないだろうか。

ここにお参りするのは初めてだけど、給料前のサイフの寂しさで、控えめなお賽銭による氷川神社デビュー。
040822_sairei04.jpg

なんでもいいから、いいことありますように・・・(^^;)

8月 22, 2004

オールナイト明けの朝

ポレポレ東中野のトーク&映画上映オールナイトイベント「映画を見せていくこと」第2回に行った。今回は荒戸源次郎氏の自由闊達な語りだけでなく、中平康監督「牛乳屋フランキー」とポール・トーマス・アンダースン監督「ブギーナイツ」二本立てどちらも見て明け6時。サンプラザの壁に落ちる朝のビル影がなかなか見たことない感じで面白かったんで撮影。040822_06080001.jpg

« 2004年8月15日 - 2004年8月21日 | トップページ | 2004年8月29日 - 2004年9月4日 »