twitter


2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Flickr

  • www.flickr.com
    This is a Flickr badge showing public photos and videos from k-tanaka. Make your own badge here.

読書メーター

  • 読書メーター
    unpyouの今読んでる本 unpyouの最近読んだ本

« 追慕:新潟明訓高校旧校舎(2)~私が高校で最も熱かったモノ | トップページ | 追慕:新潟明訓高校旧校舎(3) »

8月 09, 2004

愁傷とは?

ところで、人が亡くなった時に「ご愁傷様」と良く言われる。
私も言うし、今回も色々な方からお言葉をいただいたのだが、しかし「愁傷」とはどういう意味なのだろうか?

そのまま漢字をみると「秋の心が傷つく」ってことに見えるが、これじゃ何のこっちゃ良く分からないので、調べてみると以下のような記事を見つけた。

漢字にみる死と悲嘆

これによると

「愁」(シュウ)の秋は草木も人の心も引き締まること。そこで心が引き締まること。
「愁心」(しゅうしん)=心細い気持ち。「愁傷」(しゅうしょう)=ご愁傷さまです、で用いられる。悲しみ嘆くこと。
ということである。

また漢字質問箱というサイトによれば、心細くなって心配するということから「憂える(うれえる)」と同義であり、同義語を2つ並べて「憂愁」というのもこれだそうだ。
→「愁」解説部分(ちょいスクロール要)

「ご愁傷様」という言葉をかけることには、「親しい方が亡くなって、さぞお心細いでしょう」といった意味がこめられていると考えていいみたい。

「秋・焦・酒・就・秀・痩・宿・粛・戚」あたりは「しぼる・ちぢむ・ほそい」という意味系列で近い漢字だそうだけど、「痩」「粛」はなんとなくわかるものの、「就」とか「宿」という字にそんな意味フィールドがあるとは知らなかった。

漢字、意味深し。

白川静の本でも読むか・・・(^^;)

« 追慕:新潟明訓高校旧校舎(2)~私が高校で最も熱かったモノ | トップページ | 追慕:新潟明訓高校旧校舎(3) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2930/1156348

この記事へのトラックバック一覧です: 愁傷とは?:

« 追慕:新潟明訓高校旧校舎(2)~私が高校で最も熱かったモノ | トップページ | 追慕:新潟明訓高校旧校舎(3) »